たまりば

  オフィシャル オフィシャル  八王子市 八王子市

新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
【投稿にあたっての注意】
どなたでも情報を発信できますが、投稿前に情報の正確性についてご確認下さい。また、適切に情報をお伝えするため、たまりば運営事務局にて情報を修正させて頂く場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※会員登録はこちらから
※記事投稿・編集の手順はこちら

過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
たまりば編集部
たまりば編集部
 ナビボタン付き このブログテンプレートを使うには?

夏休みの宿題・自由課題応援!【ソーラー工作教室】「廃品材料で使って、ソーラーで動く、風車オブジェを作ろう!!」



夏休みの宿題・自由課題応援!
【ソーラー工作教室】
「廃品材料で使って、ソーラーで動く、風車オブジェを作ろう !!」

教室内容:
ミニソーラーパネル、ソーラー用モーターと、トイレットペーパーの芯や段ボールなどの廃品材料を使って、風車(風力発電機)オブジェを作ります。
(所要時間30分弱)

開催日時:
2017 年8 月20 日 (日)
[1] 13:30 ~ 14:00
[2] 14:00 ~ 14:30
[3] 14:30 ~ 15:00
[4] 15:00 ~ 15:30
[5] 15:30 ~ 16:00
[6] 16:00 ~ 16:30
(各回5組程度、予約優先)

開催場所:
町田市民文学館ことばらんど
第1・2会議室
町田市原町田4-16-17

参加費: 1 組 1,000 円(工作1つ)
※親子、ご家族、兄弟、お友達同士など複数名1組で参加OK。
☆協議会正会員は200円割引あり
(ミニソーラーパネル、ソーラー用モーターを含め、作った工作はもちろんお持ち帰りいただけます。)

講師:
有限会社エフ・プランニング 藤山尚之
(NPO まちだ自然エネルギー協議会会員)

予約お申し込み・お問い合わせ:
メール takuterra+eco@gmail.com
電話 090-2529-9082 (てらさき)

1~6回のうち、ご参加希望時間帯をお知らせください。
当日、空席があれば飛び入り参加も可能ですが、予約の方が優先になります。

主催:特定非営利活動法人まちだ自然エネルギー協議会
machida council on renewable energy
https://www.facebook.com/machida.core/



  • 映画『日本と再生 光と風のギガワット作戦』上映会(夜の部)




    世界を駆動させるのは、あふれる自然の力!
    地球をひと回りして自然エネルギーの活況を見に行こう。
    メインストリームはすでに原発でも化石燃料でもない現実を!
    太陽、風、地熱、バイオマスetc. よくよく見れば、日本は自然エネルギー大国!地域も経済も再生させる作戦を開始しようー。

    多くの大型経済事件や反原発訴訟を闘った「逆襲の弁護士」河合弘之氏がメガホンを取り、作曲家として人の心を打つ音楽を産み出してきた「影の立役者」新垣隆氏が音楽を手掛け、そしてエンディングテーマはあの「教授」坂本龍一氏!豪華ラインナップでお送りする今年最大の問題作!!


    ○上映日時:2017年6月16日(金)19:00(開場18:30)
     《上映のあと、企画・監修 飯田哲也さんのトークがあります。》
    ○会場名:町田市民フォーラム3階ホール
         (町田市原町田4-9-8 サウスフロントタワー町田)
    ○前売:700円/当日:900円 【学生無料】
    ○定員:188名
    ○チケット取扱:自然食品店「明日葉」(玉川学園駅前通り)
            久美堂町田本店2F文具売場レジ
    ○問合せTEL:090-8115‐6294(瀬尾) 080-6641-6697(菅原)
    ○メール:machidashimin@gmail.com
    ■主催:原発事故を考える町田市民の会 
    ■協賛:原発を考える会・玉川学園/映画を観る会まちだ/まちだ自然エネルギー協議会

    予告編



    詳細はこちらをクリック




  • 映画『日本と再生 光と風のギガワット作戦』上映会(午後の部)




    世界を駆動させるのは、あふれる自然の力!
    地球をひと回りして自然エネルギーの活況を見に行こう。
    メインストリームはすでに原発でも化石燃料でもない現実を!
    太陽、風、地熱、バイオマスetc. よくよく見れば、日本は自然エネルギー大国!地域も経済も再生させる作戦を開始しようー。

    多くの大型経済事件や反原発訴訟を闘った「逆襲の弁護士」河合弘之氏がメガホンを取り、作曲家として人の心を打つ音楽を産み出してきた「影の立役者」新垣隆氏が音楽を手掛け、そしてエンディングテーマはあの「教授」坂本龍一氏!豪華ラインナップでお送りする今年最大の問題作!!


    ○上映日時:2017年6月16日(金)14:30(開場14:00)
     《上映前の冒頭30分程度、監督 河合弘之さんのトークがあります。》
    ○会場名:町田市民フォーラム3階ホール
         (町田市原町田4-9-8 サウスフロントタワー町田)
    ○前売:700円/当日:900円 【学生無料】
    ○定員:188名
    ○チケット取扱:自然食品店「明日葉」(玉川学園駅前通り)
            久美堂町田本店2F文具売場レジ
    ○問合せTEL:090-8115‐6294(瀬尾) 080-6641-6697(菅原)
    ○メール:machidashimin@gmail.com
    ■主催:原発事故を考える町田市民の会 
    ■協賛:原発を考える会・玉川学園/映画を観る会まちだ/まちだ自然エネルギー協議会

    予告編



    詳細はこちらをクリック




  • 町田文学散歩と老舗めぐり(多摩めぐり30)


    多摩・武蔵野検定(通称:タマケン)事務局では、多摩30市町村を実際に訪ねて、
    名所旧跡などを見て、聞いて、その市町村の魅力を発見してもらおうと
    「多摩めぐり30」を企画しました。

    第1回は4月16日、「小金井桜と次郎物語のルーツを探る」をテーマに、
    小金井市で開催し、盛況裡に終えることができました。

    第2回は5月21日(土)、町田市で開催します。
    テーマは「町田文学散歩と老舗めぐり」。
    町田は遠藤周作、森村誠一、白州正子など数多くの作家が住んだ

    文学のまちです。作家・三浦しをんも町田に20年以上住み、
    町田をモデルにした作品「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞を受賞しました。
    先月23日、その映画が全国公開され、町田は今、大変盛り上がっています。

    21日の多摩めぐり30では、市民文学館ことばらんどで開催中の映画公開記念
    「THE MAKING OFまほろ駅前多田便利軒」展を解説付きで観覧した後、
    特別に遠藤周作の遺品も見せていただきます。

    その後、市立国際版画美術館、芹ケ谷公園を見た後、江戸時代の「二六の市」
    の流れをくむ仲町商店街などを散策します。お買い物もできますよ。

    多摩めぐり30「町田文学散歩と老舗めぐり」
    ◆集合 5月21日(土)午前9時30分、町田駅東口交番前カリヨン広場 絹の道碑前
    ◆解散 午後3時頃、京王線町田駅で解散予定 
    ◆定員 40人(先着順)
    ◆参加費 1000円(保険料、資料代など)
    ◆持ち物 昼食、飲み物、筆記用具、雨具

    申し込みなど、詳しくはタマケンブログをご覧下さい。



  • 天然温泉ロテン・ガーデンリニューアルオープン!


     町田市にある天然温泉ロテン・ガーデンでは4月23日リニューアルオープンしました!
     露天風呂エリアが広くなって開放感いっぱいです。 GWは露天風呂エリアが
     広くなったロテン・ガーデンに是非遊びに来てくださいね!
     5/17~23日は様々な色のバラが浮かぶローズガーデンバスのイベント 開催!


     http://www.roten-garden.com/index.html


  • 法政大学学園祭「多摩祭」2009年


    正式名称を「自主法政祭多摩地区」といい、法政大学の祭りのひとつです。
    今年は10月17.18日の土日開催です。
    今まで市ヶ谷地区と一緒に運営を行っていて、法政の学祭は2つで1つの学祭でした。
    近年各キャンパスで目指す祭りが変わってきて、今年から多摩キャンパスでは
    地域、学生、自然を生かした祭りを、市ヶ谷キャンパスでは学生の文化発信の場となっています。 

    さて、今年の学祭のテーマは「新しい多摩祭」です。

    多摩祭では今年から、より多摩らしい祭りを、今までとは違う
    新しいアイデアや企画をもっともっと取り入れて行きたいと思っています。
    もっと学祭を身近に、もっと学祭に楽しく気軽に参加できるようにできるだけ面倒な手続きも減らし、
    制度から新しくしていきます。

    自然の中で食べるおいしい屋台や日頃の疲れを癒せる移動動物園、
    ステージパフォーマンス、学生やプロのバンド演奏、最終日には本格的な花火…その他もろもろ。
    まだまだ未定ではありますが、様々な企画が行われます。

    都会の喧騒を忘れて多摩祭に遊びにきませんか?


    ■日時:2009年10月17日(土)、18日(日)
    ■会場:東京都町田市相原町4342 法政大学多摩キャンパス 地図はこちら


    ・法政大学「多摩祭」のホームページ
    ・法政大学ホームページ


    【学生の皆さんへ】
    たまりばは、みんなでつくる多摩の地域密着型ブログポータルです。
    「学生・キャンパスライフ」「就職活動」などのテーマで自由にブログを利用できる無料サービスですので、
    学園祭のPRや就職活動での自己PR、その他、趣味や地域情報の発信ツールとして、ぜひご活用下さい。
    会員登録・ブログ開設は約3分ほど、携帯電話からの記事アップ、ブログ閲覧も簡単です。