たまりば

  オフィシャル オフィシャル  八王子市 八王子市

新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
【投稿にあたっての注意】
どなたでも情報を発信できますが、投稿前に情報の正確性についてご確認下さい。また、適切に情報をお伝えするため、たまりば運営事務局にて情報を修正させて頂く場合がございます。あらかじめご了承下さい。
※会員登録はこちらから
※記事投稿・編集の手順はこちら

過去記事
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
たまりば編集部
たまりば編集部
 ナビボタン付き このブログテンプレートを使うには?

わりことしwith「X年後2」を多摩で上映する実行委員会からのお知らせ


本日の夜、全国放送です!

【NNNドキュメント’16】
 汚名 〜放射線を浴びたX年後〜 (1時間・日本テレビ)
放送時間 6月26日(日) 深夜24時55分〜
語り 樹木希林
36歳で突然亡くなった父。
「酒を飲み過ぎて死んだ」と囁かれた言葉。
 
しかしマグロ船乗組員として働いた父の死には、
ある事実が隠されていた。
2年前、事件を知った娘は、
真実を突き止めるため、生存者の聞き取りを始める。
次第に分かっていくあの海での出来事。
その一部始終わカメラが追いかけました。

ぜひ、見てください。

そして7月3日には多摩市永山にあるベルブホールで「~放射線を浴びた~X年後2」の自主上映会があります!
伊東監督と映画に登場した川口さんのトークもあります。
同じ過ちを繰り返さないように動いていけるキッカケを作りたいと思います。
よろしくお願いします。


日時 7月3日(日)

会場 ベルブホール 永山公民館ベルブ永山5階
小田急永山駅、京王永山駅から徒歩2分

《スケジュール》

第1回上映

『~放射線を浴びた~X年後』
10時30分~12時

第2回上映

『~放射線を浴びた~X年後2』
13時~14時30分 ☆

☆14時30分~15時 伊東監督と川口さんのトーク

第3回上映

『~放射線を浴びた~X年後2』
15時30分~17時 ☆

☆17時~17時30分 伊東監督と川口さんのトーク

チケット代

前売り 1000円 当日 1200円

しょうがいのある人と付き添い者1名は各600円

高校生以下は無料

託児ルームあり(要連絡)

主催 わりことしwithX年後2を多摩で上映する実行委員会
後援 関東室戸会
お問い合わせ 谷本 090-2781-8660
Mail waricotosi@gmail.com

http://waricotosi.wix.com/mysite
自主上映会チラシ
自主上映会チラシ裏





  • 「~放射線を浴びた~X年後2」自主上映会in多摩


    テーマ『X年後2』を観にきいや~監督と映画に登場した川口さんのトークもあるで(^O^)/

    日時 7月3日(日)

    会場 ベルブホール 永山公民館ベルブ永山5階
    小田急永山駅、京王永山駅から徒歩2分

    《スケジュール》

    『~放射線を浴びた~X年後』 10時30分~12時

    『~放射線を浴びた~X年後2』13時~14時30分

    14時30分~15時 伊東監督と川口さんのトーク

    『~放射線を浴びた~X年後2』15時30分~17時

    17時~17時30分 伊東監督と川口さんのトーク

    チケット代

    前売り 1000円 当日 1200円

    しょうがいのある人と付き添い者1名は各600円

    高校生以下は無料

    託児ルームあり(要連絡)

    主催 わりことしwithX年後2を多摩で上映する実行委員会
    後援 関東室戸会
    お問い合わせ 谷本 090-2781-8660
    Mail waricotosi@gmail.com
    http://waricotosi.wix.com/mysite



  • 親子のための連続講座「ゆかたの着装と美しいマナー」


    ゆかたの着方を覚えて、盆踊りへでかけよう!
    生活するうえでの美しいマナーも身に着けて、日本の良さを伝えられるように学びます。
    最終日は自分で浴衣を着て、落合夏祭盆踊り大会へでかけます。

    開催日時
    6/26(日)・7/10(日)・7/24(日)10時~12時、 8/6(土)16時~18時
    場所
    パルテノン多摩4階 第1、2和室
    主催:
    公益財団法人多摩市文化振興財団
    講師:
    田口明美氏(装道きもの学院分院 田口明美学院長)
    対象:
    小学4年生~中学生とその保護者
    定員:
    20組(申込み先着順)
    参加費用:
    2,000円(テキスト、風呂敷付き)
    持ち物:
    筆記用具、浴衣帯類、下駄等(浴衣をお持ちでない方には貸し出し用をご用意します)
    お問合せ:
    パルテノン多摩学芸担当
    042-375-1414(代)

    講座内容など、詳しくはホームページをご覧ください。
    http://www.parthenon.or.jp/experience/2762.html



  • 映画と話そう@TAMA『波のした、土のうえ』




    8回目となる「映画と話そう@TAMA」は、映像作家・小森はるかと画家で作家の瀬尾夏美によるアーティストデュオが、津波を受けた沿岸の町「陸前高田」で出会った人びとの言葉と風景の3年8ヶ月の記録『波のした、土のうえ』。映画を観た後に観客と対話、それからゲストとグラスを傾けながら話し合う。
    それは映画館でもDVDでもネットでも味わえないダイナミックで貴重な体験です。

    ■開催: 2016年5月28日(土)
    ■会場: ダイニングバー・モンキーランド
    (小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)
    ■1回目上映1回目上映14:00 2回目上映15:40 3回目上映17:20
    トーク対話 18:30-19:20(約50分)3回目上映後、各回観た方も再入場できます。
    小森はるか+瀬尾夏美 懇親会19:30~ 1時間
    開場15分前、上映終了後トークなしで入れ替え
    ■料金:入場料¥1,500(各回15名)懇親会1ドリンク軽食付き¥1,500
    ■上映会の詳細、ご予約はコチラ↓
    ⇒ http://www.taenoha.com/
    または 050-5891-1977 〈たえのは〉事務局




  • エコにこマーケット開催 4/23.24


    4月のエコにこマーケット開催のお知らせ
    規模は小さいけれど毎月開催しているエコにこマーケット。
    今年度から第4土曜日と翌日の日曜日開催になります。
    今月は、
    4月23日(土)24日(日)
    10時~15時
    ただし、早めに閉店するお店もありますのでお早目にどうぞ。
    会場は、エコにこセンター1階エントランスホール等
    販売予定品は、手作バック、日用雑貨、衣類、野菜、植物等

    ※出店希望の方へ
    出店できるのは八王子市・町田市・多摩市にお住まいの方のみです。
    アットホームな雰囲気で、出店者やお客様との会話を楽しめますが、
    公園などで行われるフリーマーケットのような販売高を期待される方には不向きです。
    出店料は1日300円、2日連続500円 駐車場あり(]無料)
    申込は先着順で受け付けていますので開館時間内にお気軽にお問い合わせください。

    ★エコにこセンター
    多摩市唐木田2-1-1
    電話042-374-6210 (開館時間10時~17時 月曜日休館)




  • 映画と話そう@TAMA『特撮怪獣映画』


    ゴジラを待ってられない!
    「ハジラVSキングデスラ」 & 「宇宙大怪獣ヌマギラス」 の2本立て上映!
    懇親会ダブルゲスト:石井那王貴監督 & 細沼孝之監督
    NHKBSプレミアム 「日本特撮ルネサンス~映画「進撃の巨人」の舞台裏~」にて紹介された「ハジラVSキングデスラ」、
    『世界最大の怪獣祭り G-FEST(ジーフェス) 』に招聘された 「宇宙大怪獣ヌマギラス」、共に自主制作とは思えないとんでもない実写特撮映画!大力作です!
    ■開催: 2016年4月23日(土)
    ■会場: ダイニングバー・モンキーランド(小田急・京王多摩センター駅から徒
    歩15分)
    ■1回目上映16:00~ 2回目上映18:00~ 懇親会19:30~ 1時間
    開場15分前、上映終了後トークなしで入れ替え
    ■料金:入場料:¥1,000(各回15名)懇親会:1ドリンク軽食付き¥1,500
    ■上映会の詳細、ご予約はコチラ↓
    ⇒ http://www.taenoha.com/
    または 050-5891-1977 〈たえのは〉事務局


    タグ :映画


  • 2016 EARTH VISION多摩 映画会



    アースビジョン多摩は、環境問題を映像で理解する映画会です。
    12回目の2016年は、-自然との共生-をテーマとした2作品
    『ミニスキュル~森の小さな仲間たち~』と
    『都市を耕す―エディブル・シティ』を各2回上映します。
    3人の市民トーク「多摩の地で栽培から食卓まで」もお楽しみに。
    ■開催: 2016年2月20日(土曜日)13:00~20:00
    ■会場: パルテノン多摩小ホール(小田急・京王多摩センター駅下車)
    ●入場無料、全席自由、出入り自由。
    ●申込・予約は不要、 直接会場にお越しください。
    ■上映作品:
    『ミニスキュル~森の小さな仲間たち~』
    …日本など100ヵ国で放送されたフランスのアニメシリーズの映画版。
    『都市を耕す―エディブル・シティ』
    …米国カリフォルニアで展開 される、遊休地を畑にしようとする運動を描く。
    ■ 市民ト-ク:「多摩の地で栽培から食卓まで」
    ●「多摩村時代の農業-現在の多摩市の農業」
    …「相澤農園」園長・相澤孝一さん
    ●「地域の居場所となる農園づくり」
    …コミュニティガーデン「せせらぎ農園」主宰・佐藤美千代さん
    ●「教養教育としての有機園芸実習-食と農と環境をつなげ、人を育てる教育」
    …恵泉女学園大学人間社会学部教授・澤登早苗さん
    ■上映作品、市民ト-クの詳細は
    ⇒ http://taenoha.com/ev
    主催: EARTH VISION多摩実行委員会 / 東京ガス 多摩支店
    共催: 多摩市民環境会議 / たえのは
    後援: 多摩市 / 多摩市教育委員会
    提携: 公益財団法人 多摩市文化振興財団(パルテノン多摩)
    ==============================================
    ■ 同時開催 環境フェア『多摩エコ・フェスタ2016』[入場無料]
    2016年2月20日(土)・21日(日) 10:00 ~ 17:00
    会場:パルテノン多摩 市民ギャラリー



  • 10/24映画と話そう@TAMA『聖者たちの食卓』+カレー食事シェア会


    10/24映画と話そう@TAMA『聖者たちの食卓』+カレー食事シェア会
    知られざるインドの聖地、ハリマンディル・サーヒブ<黄金寺院>に
    500年以上受け継がれる「無料巨大食堂」と、
    毎日10万食分の豆カレーをまかなう「聖なるキッチン」の舞台裏を初公開!

    インドのシク教<黄金寺院>で、毎日10万食が人種や階層に関係なく、巡礼者や訪問者に、すべて無料で提供されている。食事がどのように用意され、人々を満たしているのか、巨大食堂の一日を追ったドキュメンタリー。
    飽食の時代にあって驚くべきキッチンの舞台裏と、それに関わる人々の一切無駄のない神々しい手さばき、調理、後片付け、巡礼者たちがひとつの家族になったかのような食卓の風景も映し出し、人々が公平に満たされることで心穏やかになる世界や、無償で働く人々の厳かな存在を描き出していく。
    2012年・第25回東京国際映画祭「natural TIFF」部門で上映され、同部門のグランプリを受賞。
    この映画を見終わったあと、みんなでカレーを食べながらシェア、インドネパール料理パティヤラパレス店長・クリス サプコタ氏「インドのお話」を予定しています。
    ●開催日:2015年10月24日(土)
    ●開催場所:ダイニングバー・モンキーランド
    東京都多摩市豊ヶ丘1-11-1(小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)
    詳細地図: 
    http://www.taenoha.com/monkmap.html
    ●1回上映18:00~
    開場15分前、上映終了後カレー食事シェア会
    ●映画+1ドリンクカレー食事シェア会:¥3,000
    ■主催:たえのは
    上映会の詳細、ご予約はコチラ↓
    http://www.taenoha.com/monky/seijya.html

    タグ :映画


  • 幻の小型映画、「9ミリ半」をご存知ですか。


    TAMA市民塾・日曜講座/映画誕生120周年特別企画
    ビデオ上映とお話会
    「9ミリ半をご存知ですか? ビデオと実物で知る、幻の小型映画規格」

    ■日時 2015年11月15日(日) 午後2時~4時
    ■会場 府中市寿町1-5-1 府中駅北第二庁舎6階 多摩交流センター
    ■入場無料



    戦前から戦後にかけて、小型映画マニアにファンが多かったフランス製映写機「パテ・ベビー」。
    手回しのその映写機を、70年前、大学時代の思い出に手づくりで改造した人がおります。
    その人の名は 東尚士さん。東さんは独自の設計で撮影機もゼロから手づくりしました。

    珍しい9ミリ半の小型映画とはどんなものでしょう。また、70年以上前のフィルムには何が写っているのでしょう。
    9ミリ半撮影機・映写機の現物と解説ビデオを観ながら、今では懐かしいフィルム時代を振り返ってみませんか。

    ◎ビデオ上映「幻の9ミリ半」
    ◎小型映画についての話
    ◎東さん撮影の9ミリ半作品のデジタル上映

    ■講師 島倉繁夫(映像制作・映画史研究)
    ■お問い合せ先 電話 042-377-6172
       



  • 映画と話そう@TAMA『小さな町の小さな映画館』


    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
    小さな町に 2015年で98年目を迎える 映画館がある。
    映画と話そう@TAMA『小さな町の小さな映画館』
        懇親会ゲスト: 森田惠子監督
    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
    北海道の南岸、太平洋に面した小さな町・浦河町で90年以上続く小さな映画館「大黒座」にまつわるドキュメンタリー。
    桟敷席で火鉢を抱えて映画を見た時代から、深夜まで映写機を回すほど栄えた時代、テレビやビデオの普及で暖房費のかかる冬場は土日だけ営業していた時代など、 大黒座の歴史と歴代館主の思いをたどる。
    ■開催: 2015年9月26日(土)
    ■会場: ダイニングバー・モンキーランド(小田急・京王多摩センター駅から徒歩15分)
    ■1回目上映15:00~ 2回目上映17:00~ 懇親会18:45~ 1時間
    開場15分前、上映終了後トークなしで入れ替え
    ■料金:入場料:¥1,500(各回15名)懇親会:1ドリンク軽食付き¥1,500
    ■上映会の詳細、ご予約はコチラ↓
    http://www.taenoha.com/monky/eigakan.html

    映画と話そう@TAMA『小さな町の小さな映画館』